おはようございます。

心の保健室
やまと式かずたま術鑑定士 秋津眞未です。

昨日の夜、静かに飼い猫のパッチが
天国に旅立ちました。

15年という期間、一緒に過ごして
私は楽しい時間をパッチに
与えてもらいました。

子どもがいない私たち夫婦にとって
パッチは子どものような存在でした。

一週間くらい前から、よろよろと
し始めて、隠れるように隅の方で
眠るようになったので、なんとなく
そろそろお別れの時が近づいている
のかなぁ?
とは、思っていました。

動けなくなってからも、よく鳴き
たくさんお話しすることができました。
(話すと言っても、「ミャー」と鳴けば
「はいはい、どうしたの?」と声をかける
という感じですが。。。)

昨日もよく鳴いていたので、まだまだ
大丈夫なのかな?と思っていたのですが、
私たち夫婦が家でそれぞれくつろいでいる間に
静かに旅立って行きました。

猫にとって一年は、6年とか7年と
言われているので、15歳というのは、
長生きな方だったのかもしれません。

どうか、
良い猫生だったにゃー
と天国で言ってくれていることを
願っています。

そして、私は本当に楽しい15年でした。
パッチ、ありがとう。
大好きだよ。