点を線に紡ぐ旅  〜序章〜

おはようございます!
心の保健室
やまと式かずたま術鑑定 秋津 眞未です。
さて、昨日書いた金華山を含む東北の旅。
ディープな旅となったのですが、結構
マニアックネタのため、若干引かれるかも
しれません。
えっと、引いても、数霊の話の時には戻ってきてね。
いつもいつもディープではないので (^^;
今回の旅のテーマ。
行く前には、まったく何も考えていなかったのに、
行きの車で気付いた
 ・弁天様(不動明王)
 ・鬼門と裏鬼門(丑寅と申羊)
 ・ユダヤ
のテーマ。
人から見たら、
「なんのこっちゃ?」
という内容。
このテーマ、いくつもの人のテーマが
絡みあってできたものだったんです。
今まで、自分の人生は色々と紡いできた
と思っていましたが、まさか数日間を
こんなに濃厚に紡ぐことになるとは、
全く思っていなかったんです。
でもね、結構これ、おすすめです。
紡ぐってどうするの?
って思いますよね?
出来事の共通点を探して行くと
点が線となり、ストーリーを紡いで
行くことができるんです。
私もあまり得意な方ではないのですが
やって見ると楽しいですよ。
で、今回紡いでいったことを。
最初は、車でご一緒した人のテーマで
あった瀬織津姫から始まりました。
数年前から気になっていた歴史から
葬り去れた姫。
最初に聞いていたときには
「おー、気になっているお姫様だなあ」
くらいにしか思ってなかったんです。
ところが、ふと瀬織津姫をテーマに
している人が言った
「瀬織津姫って、不動明王と同じポーズ
なんですよね」
で、気が付いた。
私にとって不動明王って大切なんですよね。
で、密かに調べていたら、瀬織津姫と
不動明王は同一という説が。
あー、そういうことか。
自分のテーマに気付くためにこの人と
一緒の車に乗ることになったんだ。とね。
そして、鬼門と裏鬼門。
こちらは、この旅の全体的なテーマ
となった話。
実際のツアーの1日前に宮城入りする
東京前入組の最初の神社は、
仙台城の裏鬼門として建てられた
刈田嶺神社へ。
 
理由は、金華山が、仙台城の鬼門のため、
その裏をお参りするため。
すると面白いものがいっぱい。
狛犬がカエルみたいだったり、
瓦が竜みたいだったり。
水に関係しているからかもしれないのですが、
水はまさに弁天=瀬織津姫=不動明王。
そして、もう一つ。
この神社の摂社に小牛田の山神社の
摂社があったんです。
これは旅の最後に繋がっていくキーワードに。
ツアーが始まる前日から、すでにテーマが

見えてくる、そんな濃〜〜い旅が始まりました。

ということで、今日はここまで。

それでは、みなさま良い1日を!

お申し込み・ご相談はこちらのフォームよりお申し込みください。
また、鑑定を受けていただいた方に限り、あなただけのパワーストーンブレスレットをお作りすることができます。(11,000円(税込)〜)
詳しくは、「かずたまブレスレット」をご覧ください。

エンジェルタロットカードを使ったタロット占いです。
*占う内容については、30分以内であれば、いくつでも対応いたします。
お申し込み・ご相談はこちらのフォームよりお申し込みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする