おはようございます!

心の保健室
やまと式かずたま術鑑定士 秋津 眞未です。

さて、東北旅。
実はね、序章の車内から、だいぶマニアックな話で
盛り上がっていたんですよね。
新嘗祭から大嘗祭。
悠紀と主基。
鶴と亀。

マニアックすぎるので、ちょっと割愛して、
PPAPには意味がありそうです 笑
(って、ますます意味が分からない話ですみません)

そんなディープな話をした翌日、朝から
須佐雄尊と瀬織津姫が祀られている「荒雄川神社」へ。

これは、瀬織津姫がテーマの方の希望だったのですが、
ここで、木花咲姫がお祭りされているお宮の看板が
お姫様の名前だけが見ることができないように木の皮が
めくられていました。

まるで、名前を隠されたような感じ。
瀬織津姫は残っているのに、ここでは、木花咲姫の名が
隠されてしまっていたんですね。

不思議。。。。。

そして、メインの金華山ツアーへ。

が、まるでこの紡ぐ旅のためなのか、金華山へ行くため
の船が爆弾低気圧の影響で、欠航。

さらにどんな悪天候でも出ている定期船も団体客で
埋まっていて金華山に渡れないという事態。

そのため、急遽変更となったミステリーツアー。

主催者の機転に本当に感謝するとともに紡ぐ旅は
続きました。

 

まずは、宮城集合だったにも関わらず、岩手平泉の
達谷窟毘沙門天へ。

入るとここにもいらっしゃった
弁財天とお不動様。

そして、最強のお札と言われる「牛玉賽印」もありました。
まさに、牛!

ちなみに主催者のお一人も丑年。

ここで、鬼門と絡んできます。

後で調べたら、この場所は
今を変えたいと願う人にお勧めのパワースポット
だったそうです。

おー、すごいパワフル。

ちなみにツアーのキーワードは、「岩」。

この達谷窟毘沙門天には、こんな巨大な岩があります。


そして、岩がある場所には、力が宿るため、制圧
されていったという過去があるそうです。

 

続いての岩つながりは、宮城の石神山精神社へ。

ここは、社殿の裏に大きな岩と杉の木があります。


一説にここを制圧した坂上田村麻呂を祀るために
古くからあった社殿の前に社殿を作ったそうです。

よく鬼もその土地の元々いた神様で、あとから制圧
した人が自分を神とするためにそのように扱うように
した、なんて話もありますよね。

ちなみに、鬼門も喜門だという説も。

そして、ここにも「水神」「山神」の石碑がありました。

水につながりますね。

そして、この日の宿泊先がまさにミラクル。
泊まった民宿が、「後山荘」。

まさに、山は後でお参りしなさい、と言われているよう。

しかも、ここのお宿もたまたま、ご不幸が数日前に
あり、予約を制限していたところに、22名の団体
予約の相談。
これは、きっと、おじいちゃんが呼んでくれたんだ
と思い、予約を快く受け入れてくれたそうです。

本当にありがたいご縁でした。

ミラクル続きの第一章。

文章ではなかなか伝えられないものがたくさんあります。

少しでも伝わっていたら、嬉しいです。

 

それでは、今日も良い1日を!!

お申し込み・ご相談はこちらのフォームよりお申し込みください。
また、鑑定を受けていただいた方に限り、あなただけのパワーストーンブレスレットをお作りすることができます。(11,000円(税込)〜)
詳しくは、「かずたまブレスレット」をご覧ください。

 

エンジェルタロットカードを使ったタロット占いです。
*占う内容については、30分以内であれば、いくつでも対応いたします。
お申し込み・ご相談はこちらのフォームよりお申し込みください。