ひらがなに潜む秘密

おはようございます。

心の保健室
やまと式かずたま術鑑定士 秋津眞未です。

この間行った東北の旅。
訪れた神社の話をとある人と
していたのですが、ひらがなで
考えると色々と見えてくるものも
多いようです。

なんで?
漢字に意味があるんじゃない?
って思いますよね?

私もそう思ってたんです。

でも、当て字ってことも多いそう
ようですよ。

前に聞いたのは、九州の
『宗像』

ここは、実は昔は
『胸形』
だったという説もあるそうです。
胸に入れ墨をしている種族を
表していたとか。

そんな風にひらがなに戻して
考えると色々とありそうですよね。

東北で訪れた
『刈田嶺』
もひらがなだと
『かったみね』
だから
『片方の身の根(心)』
とかね。

自分の身近にあるもので
視点を変えると色々と見えて
くるかもしれないですよ。

それでは今日も良い1日を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする