神様の島へ 後編

おはようございます。

心の保健室
やまと式かずたま術鑑定士 秋津眞未です。

大神島の続きです。
展望台から見える景色で、白く波が
立っている場所が多くあったんですね。


何だろう?
って思ったら、浅い場所で、
干潮になると潮が引き、海岸が
現れるそうです。

島の人は、自給自足の生活だったので
潮の満ち引きをよく分かっていて
潮が引くときに、海へ行き
貝を拾ったりしていたそうです。

そんな島の人も今は、24人しか
いないそうです。
最年少は、50代。

案内をしてくれた人が
「あと、30年もしたら無人島になるかもなぁ」と。

聞いていたら、なんだか切なくなりました。

その後、展望台を下りて、海岸沿いに
向けて走り出したら、島に一匹だけ
いる犬がお出迎え。
カートと一緒に走ってくれて、なんだか
和みました。

海岸沿いに出て、おもむろにカートが止まりました。

何だろう?
と思ったら、島側になんだか通り道のようなところ。

ここは、神様の通り道なんだそうです。
昔は堤防がなく、この通り道の
見える位置にある石まで波が
押し寄せていたそうです。
そこの石で神様が波を止めていたと。

でま、堤防ができて、
神様が海への通れなくなって
怒っている。
と、なって、わざわざ堤防に
こんな切れ間を作ったそうですよ。

その後、有名な岩の場所へ。
これ、波でどんどんと下の方が削られて
こんな形になったそうです。

そのうち折れて、また、波の部分が削られて。。。
を繰り返すそうです。

自然の繰り返しをいじることなく
そのままの流れに任せることの
大切さを改めて知ることができました。

ちなみにこの島での最大勢力は
ネコとのこと 笑
なんと、60匹もいるそうですよ。

色々と説明を聞き、とても気に入った島。
また、行ってみたいと思います。

あなたもぜひ、ご興味あれば、
行ってみてくださいね。

後ほど、交通のこと、ガイドのこと
リンクを載せますね。
(スマホからの投稿だとなかなか上手くいかないので 汗)

それでは、今日も良い1日を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする