おはようございます。

心の保健室
やまと式かずたま術 鑑定士 秋津 眞未です。

今日で、阪神・淡路大震災から23年ですね。

当時、私は学生でした。

関西方面から来ている友達も多くて
朝から、学校でざわざわしていました。

関西で、あんなに大きな地震が起きるなんて。。。

本当にビックリしました。

その後、主人の友人で関西出身の子とお話
したとき、地震の恐怖を知り、その友人が
無事であったことを心から良かった、と
思いました。

人は自然には勝てない。

そんなことを思うことがとても
多くあるんです。

2年半前にそんなことを思って
書いた文章があったなあ、と。

それが、これ。

========================

今回の大雨の被害、本当に心が痛みます。

この大雨で思ったことをつらつら
と書いてみました。

やはり人は自然には勝てないし、
戦いを挑んでもいけないと思う。

自然と共に生きて行くべきなんだなぁ、と思った。
天気が悪いと気持ちも落ち込むし、
晴れ間を見ると、気持ちも明るくなる。
それだけ、人と自然は繋がっているものなんだと感じた。

そう思った時、人の心も天気と一緒だな、とも思った。
嵐のように怒り狂う時もあるし、
しとしとと降る雨のように泣きたい時もある。

もちろん、良いお天気のように明るい気持ちの時もある。
だから、心ともうまく付き合って行かなくちゃいけない。

どんな人でも、ずーっと明るい人はいないと思う。
時には落ち込むし、泣きたい時もある。

でも、
良いお天気=晴れ
ではない。

ずっと良いお天気で日照り続きなら、雨は恵みの雨となる。

お天気と一緒で、ずーっと明るいというのは、
ある意味ちょっと危ないかもしれない。
時には、落ち込んだり、怒ったりしてもいいと思う。

でも、その悲しみや怒りに流されてしまったら、
それもまた自然の脅威。

そういう時は、晴れ間を持ってこないとね。

私もなかなかできないけど、心とうまく付き合えたら、
きっと幸せになることができる気がする。
だって、「幸せ」は、自分が決めることだから。

人は、私を幸せにはできない。

どんなに周りから不幸に見えたとしても、
私が幸せだと思うなら、幸せなのだ。

逆に、周りから幸せそうに見えても、
自分が不幸だと思えば、不幸になってしまう。

だからこそ、私が私を大切にしなくちゃいけないよね。
相手を思いやることも大切だけど、それは自分の幸せが安定してこそ。

そう思ったら、きっとこれからの人生は楽しくなると思う。

と、久々の晴れ間を見て、思いました。
========================

 

人は自然とともに生きていく。

それは、人の中にも自然があるから。

そんなことを、今日は思いながら
1日を過ごしたいと思っています。

 

それでは今日も良い1日を!

 

お申し込み・ご相談はこちらのフォームよりお申し込みください。
また、鑑定を受けていただいた方に限り、あなただけのパワーストーンブレスレットをお作りすることができます。(11,000円(税込)〜)
詳しくは、「かずたまブレスレット」をご覧ください。