最近、友情について考えることがあります。

友情って、損得とか上下関係とか考えず、ただ、その人のために一生懸命でありたいと思うこと、と私は思うのです。

友達が喜んでいたら、一緒に喜び、悲しんでいたら、そっと肩を寄せ、そんなことをできることが本当の友達、本当の友情なんじゃないか?と思うのです。

 

友達に対して、自分をすごい人と見せる必要もないし、逆に言えば、ダメな自分さえもさらけ出せることができるんじゃないか?と。

 

友達に対しては、私はそういう風に接していたいと思っています。

 

ありがたいことに、私には友達だと思える人がたくさんいて、ダメな自分も見せることができるし、そんな私に的確にアドバイスをくれる友達がいます。

 

ただ、私を褒めるだけではないことが、本当にありがたいと思っています。

 

最近は、ネットでの繋がりが多くて、リアルの繋がりが少なくなってきていますが、リアルに会って、話ができる友達をこれからも大切にしていこうと思っています。