ごきげんよう。

 

やまと式かずたま術 公認鑑定士&アクセサリー作家の
秋津 眞未(あきつ まみ)です。

 

仕事をしていると一度は思う
「私って、この仕事、本当に向いているんだろうか?」
ってこと。

あなたは、ありませんか?

私は、いつもそんなことがあったんです。

だから、いろんなことをしました。

結婚式の司会者の学校に行ってみたり
占いを勉強して、タロット占いを副業にしてみたり
アクセサリーを作って、ネットで販売したり。。。

もちろん、大学を卒業してから、20年間の会社員
生活もあります。

そんないろんなことを経験しながら、
自分に合う仕事をずーっと探していました。

本当に良い方法を今まで知らなかったから。

でも、
「やまと式かずたま術」
と出会ってから、自分がどういう仕事が
合っているのか?

その仕事をつかむタイミング、そんなことが
すんなりと分かるようになったんです。

とはいえ、私はまだまだ駆け出し中。
だから、あまり説得力が無いかも
しれないですね。

でも、かずたまの鑑定を受けて、ガラッと
仕事を変えた方は、たくさんいるんですよね。

その人たちを知っているし、実際に自分が
タイミングを少しずつつかんでいるので、
その秘訣を公開しちゃおうと思います。

 

自分の魅力を発揮できる最適な人数を知ると仕事の仕方が変わってくる

あなたのお仕事は、コンサルのような1対1ですか?

それとも、数十人向けの講師でしょうか?

または、少人数向けのグループセッションですか?

今、色々な形の仕事があるのですが、実は自分の魅力が
出やすい人数というのがあるんです。

例えば、講演家として成功している人は、大人数の前の方が
自分の魅力を出しやすい人だったりします。

逆に1対1だとどうしていいか分からなくなってしまう、
なんてこともあったりするんです。

じゃあ、それは、何で分かるのか?

 

実は、生まれたときにもらった

名前

で分かるんです。

お名前で

1~3数の人 1対1などの少人数がよい

4~6数の人 6名くらいまでの人数が良い
グループセッションなどが合っています

7~9数の人 大人数向けで大丈夫
講演などが合ってます

となるのです。

 

簡単でしょ?

いやいや、自分の名前の数が分からない、という方。

ぜひ、鑑定を受けたり、月1セミナー
受けてみてくださいね。

とはいえ、それだけではありませんよ。

 

努力が目に見える人と、空回りする人の違い

じゃあ、自分にあった仕事になったけど、
努力してもなんだかうまくいかない。

って人、いませんか?

 

実は、私がそのタイプなんです。

 

人によって、他力自力の人がいるんです。

 

自力の人は、自分で努力した分
結果が目に見えて分かる人なんですよね。

 

それに比べて、他力の人は、
「誰と」がポイントなんです。

 

自分で努力するよりも、
誰と一緒にやるか?

誰を選ぶか?

がポイントなんです。

 

そこを間違えたら、それは自分の責任。

 

他力の人は、人に頼ることができるけど。
その分、人を選ぶことが自分の責任
となっちゃうんです。

 

自分にとっての転換期を知っておく

ここまで来たら、あとはタイミングです。

実は、人は、5年のうち、1年もしくは2年の
人生の転換が起きるタイミングがあります。

この時期に仕事を変える、とか
新しい仕事を始める

ことで、次につながりやすい状況を
作ることができます。

 

とはいえ、そのタイミングを逃していたら??

 

って思いますよね?

 

そんなときは、今年やその年の
決断に適した時を知ることが
できますよ。

 

さて、他力と自力やタイミングは
いったいどうやったら分かるのか?

 

これは、鑑定を受けないと分からないんです。

 

ここが分かると、自分の軸を知ることができるので
自分のビジネスの軸がしっかりと出来上がりますよ。