ポジティブになれない時をチャンスにする方法

ごきげんよう。

秋津 眞未(あきつ まみ)です。

よく、

「まみさんは、無理にポジティブになれ、って言わないのが良い」

と言っていただけます。

そう気が付いていただけることが、うれしいなあ、と思います。

ポジティブにならなくていいこと、ネガティブ感情から分かること、などを書いていきたいと思います。

 

感情は心電図のようなもの

まず、人の感情は揺れ動くものです。

楽しいと思ったり、悲しいと思ったり。

その揺れ動きは、まるで心電図のようなものなんです。

 

これを見ていただけるとわかると思うのですが、もし、ずーっとポジティブであったら、それは線が一直線になりますよね?

一直線ってことは。。。

そう思うと、感情が揺れ動くことは、決して悪くない、ってことが分かりますよね?

どちらが良い、ではなく、どれも良いです。

ただ、ネガティブな感情に支配され続けてしまうのは、それはそれで、また一直線になります。

なので、ネガティブな感情を味わったなら、そこから、少し自分を知ってみましょう。

 

 

ネガティブは、自分の感情の宝庫

「いやだな」とか「どうして、こうなんだろう」という感情は、自分が理想する状況があるから。

つまり、ネガティブな感情には宝物がたくさんあります。

なぜ、「いやだな」と感じたのか?

その理由をちょっと考えてみてください。

そして、それを書き出してみてくださいね。。

そうすることで、自分の願望を知ることができます。

 

 

ネガティブになるのは、自分の資質も関係しているかもしれません

自分の資質の中に、常に

・確認をしたい

・褒められないと不安

というものを持っている人もいます。

その場合は、それがその人の資質になります。

資質として、不安を持ちやすいのであるならば、持ちやすい自分を知っておくと安心します。

不安を持つことが悪いのではなく、不安を持ちやすい自分であることを知っておけば、対処方法も分かります。

自分の資質を正確に理解することもぜひ、やってみてください。

資質は、やまと式かずたま術(日本式数霊術)の鑑定を受ければ、すぐに分かります。

自分自身を正確に知るために、一度ぜひ、鑑定を受けてみてくださいね。

 

鑑定については、こちらのページをご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA